人間ドック 受診のすすめ

健康診断との違いとは

人間ドックは受けたことがないけれども、健康診断は受けているという人は多いです。どちらも体の健康状態を調べる検査なので、目的は同じと考えてよいです。

異なる点は、まず健康診断の場合は労働安全衛生法で1年に1回以上定期的に行うことが義務付けられている点です。職場や自治体などで定期的に行われ、それを受ける必要があります。人間ドックの場合は法的な義務はありません。任意で受診するものです。そのため、人間ドックを受診したことがないという人もいるのです。

検査項目の種類が多く専門的

また、人間ドックは健康診断よりも検査項目の種類が多く、より専門的になります。そこがメリットです。検査項目が多いことは、総合的に診断でき、病気の早期発見につながります。また、健康診断の項目をより詳細に調べ、生活習慣病にかかわる検査項目が中心である基礎ドックと、がんや脳、婦人科系、心臓など死亡リスクの高いものを専門的に検査する項目を選ぶことができます。自分に特に必要だと思われる項目を選択して検査することができるのです。

人間ドックにかかる費用は

人間ドックは法的な定義がないことから、健康保険の対象外となることが多いです。職場によっては適用される場合もあるので、確認してみましょう。ただ、一般的には2〜5万円程度かかることが多く、MRIといった専門のドック項目を追加していくと、さらに高額になっていくこともあります。

生活習慣病の予防やがんの早期発見におすすめの検査です。病気を早期発見できれば、完治の見込みも大きくなります。健康を維持するためにも必要なことだといえます。

人間ドックの評判が良い理由は、進行性のある病気をいち早く発見することができるからです。現在病気の進行がない場合でも毎年人間ドックをして体を検査すると良いです。