いろいろな治療方法があります

より良い治療方法が開発されています

先端治療の種類は、現在、さまざまなものがあります。その治療の方法やどのようにしてがん細胞にはたらきかけるのかなど、実に多くの方法があります。また、今現在も、新たな治療方法が開発されています。特に、さまざまな部位におけるがん疾病は、世界的に患者数が増えています。そのため、高い治療効果を上げることができる方法の開発が望まれています。また、それに加えて、患者さんのからだや心の負担が小さくなるような、新しい治療法の可能性がでてきています。

メスを使わない治療方法です

がん先端治療のひとつとして、陽子線・重粒子線治療という方法があります。これは、放射線の一種である陽子線・重粒子線を、がん細胞に対して集中的に照射することが可能です。そのため、がん細胞の周りにある正常な組織への損傷を最小限に抑えることができます。正確な位置に照射できるように、照射前にミリ単位での位置調整ができるようになっています。また、治療する日にあわせて、患者さんに合わせた固定具を作成しておくことで、照射位置がずれないような工夫がされています。

がんの新しい治療法です

エックス線治療においてもいくつもの新しい治療法が開発されています。例えば、定位放射線治療や小線源治療です。従来のエックス線には、がん以外にも、正常な組織を傷つけてしますという弱点がありました。そのため、がんの大きさ以上に、損傷が広がってしまうというデメリットを避けるのが難しいといわれていました。しかし、そういった正常組織への影響を最小限に抑えて、狙ったがん細胞だけに、集中して照射することが可能になりました。

がん先端治療は公的保険が適用されない事もあるので、民間の医療保険に追加オプション(毎月数百円の負担)として加入しておく事をおすすめします。