テレビで活躍する有名人になるには

ミスコンから女子アナへ

視聴率低下が叫ばれている中でも、まだまだ影響力があるのはテレビです。そこでテレビで活躍できる有名人になる方法をお教えします。まず大学生、特に女子大生ならミスコンから女子アナへの流れが王道です。例えば女子アナの登竜門と言えば、「ミス慶應コンテスト」です。元フジテレビの中野美奈子さんや日本テレビの鈴江奈々さんなど、そうそうたる女子アナを輩出しています。また最近は男子大学生のコンテストも盛り上がってきて、こちらもアナウンサーだけでなく、タレントの登竜門になりつつあります。

「アイドルオーディション」

女子中高生なら、アイドルになって名前を売り、タレントや女優にランクアップするのが王道です。永作博美さんや満島ひかりさんは、元アイドルグループの一員から、大女優へと出世したものです。現在は、AKB48グループをはじめとするアイドルグループのメンバーになることがアイドルになる主流です。そのアイドルグループのホームページに、オーディション開催予定が載っています。応募条件は、ほぼ年齢だけなので誰でも参加できます。また最近は、芸能プロダクションが芸能スクールを運営していることも多いです。レッスン料はかかりますが、オーディションよりは芸能人になれる可能性は高いです。

「お笑い養成スクール」

現在のテレビ業界に欠かせない存在なのがお笑いタレントです。かつては師匠に弟子入りして、数年間下積み生活を送るというのが王道でした。現在は落語家や一部のベテラン漫才師以外はほとんど弟子を取っている方はおらず、各お笑い芸能事務所が運営するお笑い養成スクールに入学するのが主流です。例えば業界最大手の吉本興業が東京と大阪で運営するのが「NSC」です。ダウンタウンが大阪校の1期生だったのは有名ですが、最近でも東京校卒のトレンディエンジェルがM-1チャンピオンに輝くなど、お笑い養成スクールはお笑いタレントへの登竜門です。

山本英俊は、パチンコ機器の卸売の会社の代表取締役をしています。また、2004年より馬主事業も行っています。