包茎の種類や治療法について

包茎の種類について、ご紹介します

 男性は成長してある一定の年齢になると、ペニスの先端部が陰茎の付け根の方へ後退して、亀頭が露出するようになります。しかし、何らかの原因で大人になっても亀頭が包皮を被ったままの状態になることが「包茎」となります。そして、包茎には、仮性・カントン・真性という種類が存在しています。

 もっとも多いのが仮性タイプであり、平常時は亀頭は包皮で覆われているのですが、手でむくと亀頭が簡単に出てくる状態です。仮性タイプは性交の際にも痛みを伴いませんので、必ずしも手術が必要というわけではありません。

仮性タイプのリスクについて

前述しましたように、仮性タイプは必ずしも手術を必要としないものの、亀頭があまり露出しませんので内側にカスがたまりやすく、たまったカスが酸化して悪臭を放ちやすくなります。さらに、仮性の程度によっては、通気性が悪く細菌の温床となり、性病にかかりやすかったり、包皮や亀頭が炎症を起しやすいという可能性が高くなります。包茎はタイプによって治療法が異なりますし、一口で仮性タイプといっても、個々の状態によって対処方法は異なってきます。

包茎の治療法について

包茎の治療法は大きく分けて、包茎手術と矯正器具の使用の2つに分けられます。クリニックによって手術方法は異なるのですが、無料カウンセリングで手術の方法やかかる費用についての説明などが行なわれます。患者さんは、不安や疑問点をこのカウンセリングで解消してから、手術に臨むことができます。一方の矯正器具による治療は、日常的に矯正器具を装着して、亀頭を露出させることによって、包皮にむけ癖をつけるという治療法となります。

包茎はいくつかの種類が挙げられますが、勃起時に包皮が捲れる仮性包茎の場合は衛生状態を良くしておけば手術の必要はありません。